古紙 回収 リサイクル ダンボール 回収 機密書類の谷商店です。

HOME3つのメリット対応古紙一覧会社案内サイトマップお問い合わせ

HOME > 対応古紙一覧

マテリアルリサイクルとは

廃棄物を製品の原材料として再利用すること。廃家電や廃自動車など多くの部品や材質により一つの製品が作り出されている場合、分解して材質ごとに部品を分類しなければマテリアルリサイクルすることは難しいのです。
そのため、リサイクルしやすい製品作りが求められており、業界の対応も進んでいます。
リユースに続き、リサイクルの第一段階としてマテリアルリサイクルを考える必要があります。

マテリアルリサイクル
新聞

新聞

チラシ

雑誌

雑誌

マンガ・週刊誌・月刊誌・カレンダー・ポスターなど

機密書類

機密書類

機密性のある紙類

オフィス古紙

オフィス古紙

コピー用紙・事務用紙・ノート・カーボン紙・シュレッダーの紙屑など

段ボール

段ボール

段ボールケース・贈答品の箱など

サーマルリサイクルとは

廃棄物から熱エネルギーを回収して有効活用を行うこと。例えば、ごみの焼却時に発生する熱は冷暖房や温水などの熱源として一般的に利用されています。
マテリアルリサイクルやケミカルリサイクルと同様に研究されています。
代表的なものとして固形燃料化(RPF)技術、油化技術などがあります。

サーマルリサイクル

RPFとは

RPFとは

Refuse Paper&Plastic Fuelの略称であり、主に産業系廃棄物のうち、マテリアルリサイクルが困難な古紙及びプラスチックを原料とした高カロリーの固形燃料です。
関組の製造したRPFは、石炭やコークス等、化石燃料の代替として、大手製紙会社など多くの産業で好評をいただいております。

RPFの特徴

1.ハンドリング性が良い

RPFは固形で密度が高い為、コークス、微粉炭等と同等の利便性をもち、貯蔵特性にも優れています。

2.品質が安定

発生履歴が明らかな産廃や選別された一般廃棄物(分別基準適合物)を原料として使用しているため、品質が安定している。

3.熱量のコントロールが 可能

ボイラー等のスペックに応じ、古紙と廃プラスチックの配合比率を変えるだけで容易に熱量変更可能。

4.高カロリー

プラスチックを使用しているため熱量が高く、石炭及びコークス並みで化石燃料代替として使用可能。

5.ボイラー等燃焼炉における排ガス対策が容易

品質が安定し、不純物混入が少ないため、塩素ガス発生によるボイラー腐食や、ダイオキシン発生がほとんどない。
硫黄ガスの発生も少なく、排ガス処理が容易。

6.他燃料に比較して経済性がある

現状で石炭の1/3〜1/2という低価格。
化石燃料や将来負担するであろう排出権購入の費用削減。
灰化率が石炭に比べ1/3以下となる為、灰処理費が削減可能である。

7.総合エネルギー効率の向上と化石燃料削減によりCO2削減など地球温暖化防止に寄与。

古紙回収システム 3つのメリット

対応古紙一覧

産業古紙の回収オフィス・会社の古紙回収機密書類の回収・処理熱エネルギーの再利用スタッフ紹介お問い合わせ会社案内個人情報保護谷商店 個人情報保護方針一般の方の持ち込み歓迎ちょっと気になるQ&A施工事例

対応エリアマップ

古紙回収.com

サイト運営会社:株式会社谷商店
〒577-0835 東大阪市柏田西3丁目4番22号
TEL:06-6728-8711
FAX 06-6728-8766
FlashPlayer

動画コンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Player(無償)が必要です。 

SEO対策 大阪 プライバシーマークエコアクション21

認証・登録番号0003007